ご飯が進むディアブロチキン。フライパン一つで付け合わせの野菜まで。

Cookig 俺のオリジナルレシピ

「自宅でもおいしいディアブロチキンを食べたい。」

「夕食にごはんが進む肉料理を作りたい。」

「男でも簡単に作れるレシピを知りたい。」

といったことに対して実際のレシピをふまえお答えしてきます。

俺のディアブロチキンの推しポイント

推しポイントは2つあります。

  • フライパン1つで付け合わせの野菜まで完結できる。
  • 玉ねぎによる香り付けでごはんが進む味。

私のディアブロチキンは、終盤で玉ねぎによる香り付けをしています。

鶏肉に焼き目を付けた終盤に、玉ねぎを加えて黄金色になるまで一緒に焼くことで、玉ねぎの香ばしい香りがつきます。

鶏肉と玉ねぎの甘味がとても相性が良く、口に入れた時に、ごはんが止まらなくなるような味です。

ちなみに、私はいつもご飯をおかわりしてしまいます。

それでは解説します!!

俺のディアブロチキンの材料(2人分)

  • 鶏もも肉:300g。火の通りが良くなるように包丁で切れ目をつけておきます。
  • にんにく:2片。
  • 鷹の爪:1本。
  • 玉ねぎ:1/2個。みじん切りにします。
  • オリーブオイル:大さじ3杯。
  • バジル:3振り。
  • ほうれん草:3束。

俺のディアブロチキンの作り方(1口コンロでいけます。)

1、フライパンにオリーブオイルを入れ、にんにく、鷹の爪を加え弱火でオリーブオイルに味を付けていきます。

2、にんにくに焦げ目がついてきたら、にんにく、鷹の爪を一度、他の皿に避難させます。

3、次に、鶏肉の皮を下にして中火で3分焼いていきます。

4、ひっくり返して避けておいたにんにく、鷹の爪、新たにバジルを加え3分焼きます。あとは適宜ひっくり返すのを繰り返し、焦げ目をつけていきます。

5、両方に焦げ目がついたら、みじん切りの玉ねぎを加え、黄金色になるまで焼きます。

6、1度メインの肉だけ皿に盛ります。

7、フライパンに残ったオリーブオイルを使い、ほうれん草を中火で炒めていきます。

8、お皿に盛って完成です。

俺のディアブロチキン。焼く時のコツ。

やはり鶏肉ですので火を通すのが重要になってきます。

そこで私は、事前に鶏肉に切れ目を加えています。

特に、肉の厚みがあるところに切れ目を入れ、ほぐすように一枚にしていきます。

焦げ目をつけるコツとしては、本来なら落としぶたみたいなのがあればいいのですが、なかなかいいサイズのものがないと思います。

そういうときは、地味ですが、箸で押さえつけるだけで十分です。

ちょっと疲れますが、焦げ目をつけることができます。

まとめ:ご飯が進むディアブロチキン。フライパン一つで付け合わせの野菜まで。

いかがだったでしょうか?

一度食べると病みつきになる味で、家族、恋人、友人に作ってあげると大変喜びます。

ぜひあったかいご飯と一緒にお楽しみください。

それでは!!

関連記事