【安心してください】異動したい気持ちはわがままではない理由を解説

人事異動後 希望部署へ異動したい、これってわがまま?

「今の部署に攻撃的で嫌な人がいて異動したい。」
「仕事が単調すぎてモチベーションが下がる。異動したいな。」
「キャリアを考えた時に、新しい部署で経験を積みたい。」

みなさん様々な理由で「異動したい」と思ったことがあるかと思います。

異動したいという気持ちとともに「辛いことから逃れようとしていて、こんな自分わがままかな?」という感情も出てきて自己嫌悪に陥ったこともあったのではないでしょうか?

実際、私も社会人4年目の時に、望まない人事異動でやりたい仕事から遠ざかり同じ感情を抱いていました。(現在は、転職をしてやりがいを感じる仕事ができています。)

最初にこれだけ言わせていただきたいのですが

異動したいという気持ちは全然わがままではないですし、その気持ちを大切にしてアクションを起こした方がいいです。

今回、どうしてそのように言えるのかを経験をもとに解説していきたいと思います。

それではいきましょう!!

「異動したい」がわがままではない理由

  • そもそもわがままと思う人はそういない。実際、自分が思っているだけ。
  • 異動したいという正直な気持ちを大切にする事で次につながる行動ができるから。
  • 受け身のままでいるといつか潰れるから。自分を大切にしてほしい。
  • 異動してもたらすことができるメリットを伝えれば、最低限のギブアンドテイクの関係になり、わがままにはならない。

そもそもわがままと思う人はそういない。実際、自分が思っているだけ。

なぜなら、周りの人もいつかは異動を受けるかもしれないという不安を抱いていたり、もしくは経験済みであったりして、わがままというより、共感することのほうが多いからです。

実際、私が異動をしたいと上司(異動経験あり)に相談した時も、「全然いいと思う」と共感してくれましたし、もし、あなたがいる部署があからさまに原因があるのなら、職場全体的にも「まあ、そうなるよね。」という雰囲気になります。実際そうでした。

結局は、自分が勝手に会社に忖度しているだけのことが多いのです。

異動したいという正直な気持ちを大切にする事で次につながる行動かできるから。

私の例を紹介します。

私は4年目に望まない人事異動を受け、若いうちに経験しておきたいと思っていた仕事が経験できない職場に異動になりました。

数年間は我慢して働いていましたが、次第に異動したいという気持ちが募りはじめました。

最初こそ、わがままかなと自分の気持ちに蓋をする時期もあったのですが、自分は反骨精神が強く、絶対に自分の望む環境にしてやると思い、転職という道を選びました。

そして現在、やりたい仕事ができています。

異動したいという気持ちを持ち続けたから現状を打破する行動ができたのだと思います。

なので、みなさんにお伝えしたいのは、「異動したい」は決してわがままではないので、その正直な気持ちを大切にして行動し続けると、いずれ良い方に向かうということを知っていて欲しいです。

受け身のままでいるといつか潰れるから。自分を大切にしてほしい。

「異動したいってわがままかな?」と自分を押し殺して我慢していると絶対にガタが来ます。

職場の環境に我慢して自分が壊れるのは、あってはならないことです。

異動をすることで、自分が望む環境が手に入る見込みがあるのであれば、異動の申請を遠慮せず、上司に掛け合うべきです。

いくらでも現状を打破する解決策があります。しかし、全ての土台にあなたの心と体の健康があるということを忘れないでください。

異動してもたらすことができるメリットを伝えれば、最低限のギブアンドテイクの関係になり、わがままにはならない。

わがままとは、自分の要件を一方的に相手に押し付けることです。つまり、一方通行にならなければわがままではありません。

あなたが異動することで成果を残すことができる自信を伝えたり、もしくは日頃から謙虚な姿勢で仕事をしていれば、その時点で、わがままではなくなります。

なんでもいいのでギブアンドテイクの関係に持っていくことが重要です。

まとめ:異動したいという気持ちはわがままではない。その先の本質を考えよう。

「異動したい」がわがままではない理由を解説してきました。

しかし、大切なことはその先にあります。

「あなたは仕事に対して何を望んでいるのか?」と、「どうしたら達成されるのか?」を考えていますかということです。

目先の仕事の損得感情だけではなく、長期目線で考えておくと本質を見失いません。

異動願いをだして受け入れてもらうことが全ての解決策なのか、私はそうは思いません。

転職をしてしまうのもありだと思います。あなたの会社がブラックだと感じたり、うんざりしているならなおさらです。

今一度、本質の部分を振り返ると道が開けるかもしれません。行動あるのみです。

共に戦いましょう!!それでは!!

合わせて読みたい!