人事異動に備えよう!企業が異動を行う目的と対象者を事例を踏まえ解説

人事異動はなぜやるの?

「そろそろ私が人事異動になるかもしれない。企業が人事異動を行う理由を把握しておきたい。」
「自分は人事異動の対象になるのかな?」
「人事異動の目的と対象者の実例を知りたい。」

といったことに対してお答えします。

企業が人事異動を行う目的

企業が人事異動を行う目的は、大きく4つあります。

  • 企業の利益のため
  • 社員のキャリアアップ
  • 適材適所を考えた人員配置
  • 仕事のマンネリ化防止

1つずつ解説します。

企業の利益のため

新規事業や、事業の多角化など収益アップにつながるように人員を配置する異動があります。

社員のキャリアアップ

他部署の異動経験を経て、社員の知見を広げてもらい、視野を広くして仕事をしてもらうようにするのが目的です。

経験年数が若い社員は未経験の部署や人員が足りない部署へ。

昇進、昇格した社員は異動した新天地でリーダーを任されることが多いです。

適材適所を考えた人員配置

現在の部署では力を出せていない社員がいる場合に、部署を変えることで本来持っている能力を出せるように期待を込めて異動させる場合があります。

仕事のマンネリ化防止

長期間同じ業務内容に従事すると、マンネリ化して社員の意欲が
下がることがあります。

最悪の場合、企業全体の業績悪化、離職につながる可能性があるので、定期的に異動を行い、モチベーション維持を目的として人事異動を行います。

企業が人事異動を行う目的を踏まえての対象者【事例も】

優秀で出世コースに乗っている人

将来管理職になる候補の人は、人事異動を早くから経験します。また、回数も多くなる傾向です。

理由は、管理職になった時に、知見を広げ、経験を積んでいると、部下に的確な指示が出しやすいからです。

事例:営業部から開発部に短期で異動をする。(自社の製品の理解のため)

仕事ができない人、意欲がない人

極端に仕事ができない人、意欲がない人が人事異動の対象になりやすく、異動の回数が多くなります。

最初は、適材適所の人員配置を目的として異動させるのですが、異動した部署でも扱いづらく、結果として異動を繰り返してしまいます。

最終的には、自主退職を促す目的で異動が行われます。

事例:短期間に部署を異動する。(自主退職を促す目的)

職場内の人間関係に問題がある人

社員内で関係が悪いと空気が悪くなり、他の社員にまで影響して仕事の効率が落ちてしまうのを防ぐためです。

事例
職場内での不倫(社会的な体裁を気にする管理職の人が対象者を異動させる)
仕事に対する価値観が合わず空気が悪い(何より関係ない周りの社員に悪影響)

性格に難がある人、人が良すぎる人

プライドが高すぎる人は扱いづらく異動の対象になります。なぜなら扱いたくないからです。

逆に人が良すぎる方も、異動の対象になります。特に、仕事は優秀まではいかないくらいで人が良すぎると人事異動の対象になりやすいです。

事例
プライドが高く、間違いを認めない社員
指導をするとすぐに、機嫌が悪くなってしまう社員

体調が悪い人

休む回数が多いと、人員配置がとても難しくなるため、比較的業務内容が安易な場所に異動させられます。

もし、望まない人事異動を受けた場合は?

必ずしも人事異動は自ら望んだ形になるとは限りません。

実際、異動を受けるとかなりショックです。

しかし、ご安心ください。

望まない人事異動を受けた場合の対処法、ノウハウをまとめてあります。

事前に知っておくのと知らないのでは全然違いますし、精神的ダメージを最小限にしてキャリアアップにつなげることができます。

参考程度にどうぞ!

まとめ:人事異動に備えよう!企業が異動を行う目的と対象者を事例を踏まえ解説

いかがだったでしょうか?

企業が人事異動を行う目的と対象者を解説してきました。異動したい人、したくない人両方いるかと思います。

両者にとって人事異動は人生の転換期、チャンスになります。

人事異動の目的を理解して、事前に想定しておくと落ち着いて行動できます。

それでは!!

関連記事