【現役が解説】診療放射線技師ってどんなお仕事?【経験談も有り】

1人ラジエーションハウス

こんにちは、現役診療放射線技師のおたけです。

2020年にドラマ「ラジエーションハウス」でも取り上げられた職業ですが、現場で働いているとまだまだ社会において認知が低いと感じます。

そこで今回、診療放射線技師のお仕事について紹介する記事を作成しました。

この記事を読むことで老若男女、ザックリと診療放射線技師とはどんなお仕事なのかを理解することができます。

診療放射線技師とは?

診療放射線技師とは病院でレントゲンやCTを撮影したりする人で、

「病気を見つけるための撮影をする、医療業界のプロカメラマン」といった感じです。

かっこよく「プロ」とか言ってしまいましたが、

れっきとした国家資格が必要なお仕事になります。

診療放射線技師の仕事の内容

冒頭でも書きましたが診療放射線技師は、皆さんになじみがあるところで

レントゲン、CTの検査を病院で担当しています。

実は、他にもさまざまな検査、治療を担当していまして

  • MRI検査(磁石と電磁波を使った検査で、大変やかましい検査です。)
  • ポータブル撮影(移動式のレントゲン装置で病棟や救急の患者さんの撮影を行います。)
  • 超音波検査(超音波を使ってお腹など様々な部位を検査します。)
  • X線TV検査(胃のバリウム検査でイメージつくのではないでしょうか?)
  • 核医学検査(放射性物質を注射して、病気があるところに集めて画像化します。)
  • 放射線治療(放射線を病気の部分に当て治療します。)

などなど、病院で行う画像検査の大部分を診療放射線技師が担当しています。

診療放射線技師が仕事をする上での大前提

このように病院で画像検査を担当している診療放射線技師ですが、

ある大前提のもと、撮影業務を行っています。

それは何かと言いますと、

検査は「医師の指示のもと」で行うということです。

先生が出したオーダーに沿って撮影業務をするということが、法律で決まっています。

あるあるなのですが、現場で働いていると、患者さんから「今日は右ひざの検査だけど、左も痛いからとってくれない?」といったことをよく言われます。

実はこれに対して、その場で勝手に追加をすることはできません。オーダーが右だけであれば、基本的には右だけの撮影になります。

どうしてもってことになると医師に相談をいれます。

このような前提のもとで放射線技師は仕事をしています。

診療放射線技師のお仕事道具は人類に対して双刃の剣である「放射線」

放射線を医療に利用することで、医学が発展し、私たちは恩恵を受けてきた一方で、

放射線は被ばくといった人体への影響を兼ね備えた「双刃の剣」です。

世の中の物事には必ずリスクとベネフィットが存在しますが、これほどハッキリ分かれているものはあまりないのではないでしょうか。

放射線を正しく扱うには、知識も経験も必要で、責任も重いですが、

その先を乗り越えて、患者さんの延命に貢献できるというのが診療放射線技師の最大の魅力だと思います。

診療放射線技師になるためには?

今、この記事をご覧になっている中高生、転職を考えている社会人の方の中で、興味が湧いている方がいられるのではないでしょうか?

ここで診療放射線技師になるための手順を解説したいと思います。

診療放射線技師教育機関(専門学校、短大、大学)にて規定の時間数を習得すると、国家試験の受験資格がもらえます。

>>技師教育施設一覧

この国家試験に合格することで診療放射線技師の免許を取得できます。

参考記事>>職業情報提供サイト(日本版O-NET)

おおよそどの学校も入学してから1年目は、基礎教養(数学、物理、化学、生物)から学び、2年目は専門知識の座学、基礎実験(電気工学など)。3年目は、専門的な実験(放射線機器工学実験など、、)や後期から病院実習が始まります。4年目から実習が始まるところもあり、大学ですと研究室に所属し研究活動、就活、国試対策とてんこ盛りです。

まあ、理系ですからね….笑

ここで、1つ言っておきたいのが、4年間通して数学、物理、化学、生物の知識からは逃れられないので、是非、どれも手薄にならないようにしてくださいね。

現役の私が思う診療放射線技師ってこんな仕事!

2021年で現役7年目になる私から主観的に、「診療放射線技師ってこんな仕事」と3つ紹介させてください。

  • 「ありがとう」と感謝される仕事
  • 数を減らして増やす仕事
  • 仕事道具が目に見えない神秘的な仕事

「ありがとう」と感謝をされる仕事

例えば、物を販売するお仕事であれば、「弊社の製品をご購入頂きありがとうございます。」と、お客に対して感謝をします。工場で働く人に関しては、お客の顔が見れません。

その点、診療放射線技師の仕事は患者さんから「ありがとう」の感謝の言葉をいただけます。

仕事をして人から感謝される仕事ってなかなかないですからね。

感謝の言葉をもらうために仕事をしている訳ではないですが、「ありがとう」という言葉をいただけるとやりがいを感じます。

数を減らして増やす仕事

「数を減らして増やす仕事」なんだそれって話ですが、

営業職の方は、ノルマを決めて、それを越えようと増やす努力をすると思いますが、

放射線技師は、1日に入っている予約の検査を業務時間内に終わらせるよう検査をこなして減らす努力します。

数を減らした後の増やすについてですが、

病院もやはり存続していくためには、収益をあげなくてはなりませんので、1日の予約枠を増やす努力をします。

増やした後は、せっせせっせと検査をこなして数を減らしていきます。

これって結構医療職特有の仕事の性質だと思います。

仕事道具が目に見えない神秘的な仕事

放射線ってどう頑張っても肉眼で見えないんですよね笑

仕事道具が目で見えないのは放射線技師だけではないかなあ、、、と。

未だに目で見えませんが、毎日仕事で使うので経験と共に、ある程度予測が立てれるようになります。

それで患者さんに有益な画像が提供できた際は、とてもやりがいを感じます。

そこがおもしろいところではないかと思います。

まとめ:【現役が解説】診療放射線技師ってどんなお仕事?【経験談も有り】

いかがだったでしょうか?

まだまだマイナーなこの職業。

ぜひ診療放射線技師を認知していただければ幸いです。

それでは!!

今日のブログのお供は

加藤珈琲店、グルメブレンドのアイスコーヒー