俺のカルボナーラ。妻、彼女、子供に振る舞い素敵な時間を過ごそう。

Cookig 俺のオリジナルレシピ

「男でも簡単にできるカルボナーラのレシピが知りたい。」

「お家でも本格的なカルボナーラを作りたい。」

「奥さん、彼女、子供に料理を振る舞うことができる男になりたい。」

といったことに対して実際のレシピをふまえお答えしてきます。

俺のカルボナーラの推しポイント

男が作るカルボナーラは、力強く作ります笑

これについてはのちほど詳しく解説しますが、やることも、材料もシンプルです。

なのに、味はひと味違います。

1度作ると、作り方を覚えてしまえるほど簡単なのでぜひここで覚えてもらって、奥さんや彼女、お子さんから信頼を勝ち取りましょう。

それではいきましょう!!

俺のカルボナーラの材料(1人分)

  • パスタ:1人分。7分のもの。
  • 卵:1個。
  • 卵黄:1個。
  • ベーコン:35g。
  • 粉チーズ:量は後ほど写真でお見せします。
  • オリーブオイル:適量。ベーコンを炒める用。
  • ブラックペッパー:適量。

俺のカルボナーラの作り方(1口コンロでいけます。)

1、まず、沸騰させたお湯でパスタを茹でます。6分で切り上げ、鍋ごとよけます。

2、次に、フライパンでベーコンを弱火でカリカリ寸前まで焼きます。

3、次にボウルを用意し、写真のように粉チーズを1文字に描き、片方のサイドに卵、卵黄を入れる。もう片方には、カリカリのベーコンを入れます。

4、ここで茹でたパスタを上から重ねます。

5、ここが超重要です。とにかく全力でかき回します。ここが男が作るカルボナーラの見せ所です。

6、お皿に盛り付け、ブラックペッパーを振りかけ完成です。

俺のカルボナーラ。さらに楽しむ方法と気をつける点。

さらに楽しむ方法

実際に食べ終わると気付くのですが、かき混ぜたボウルと盛り付けたお皿に、カルボナーラのソースが残ります。

すごくもったいないと感じることでしょう。

舐めたいけれど、お行儀的にちょっと気が引けますよね。

そこで、用意したいのがバゲットです。こうすることでソースまで楽しむことが出来ます。

気をつける点

今回のレシピで唯一、面倒臭い場所が、卵黄を用意するところです。

私は、何回か卵2個で作ったことがありますが、やはり、卵1個+卵黄1個の方が濃厚な味わいで、明確に味に差が出ます。

ここだけ、面倒臭がらず、こだわることでおいしいカルボナーラになります。

まとめ:俺のカルボナーラ。妻、彼女、子供に振る舞い素敵な時間を過ごそう。

いかがだったでしょうか?

おいしいカルボナーラを作り、家族や、恋人に男としていいところを見せましょう。

今のご時世、男も料理は必須スキルだと思います。

ぜひこれを機に、得意料理にしちゃいましょう!!

それでは!!

関連記事